娘娘廟(読み)にゃんにゃんびょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

娘娘廟
にゃんにゃんびょう

道教の、女神を祀(まつ)る廟。娘とは母または少女のこと、娘娘は皇后をいい、女神の通称である。泰山(たいざん)娘娘を祀る碧霞元君(へきかげんくん)宮がその代表的なものである。碧霞元君は泰山東岳(とうがく)大帝の女(むすめ)で、玉女とされる。泰山には死者の魂が集まり、人の生命をつかさどるというが、娘娘に中国民衆の生の欲求にこたえる性格の強いのはそのためであろうか。北京(ペキン)郊外の五頂のほかに、金頂妙峰山の娘娘廟が北京の民衆の信仰を集めた。遼寧(りょうねい)省大石橋の娘娘祭も有名である。娘娘の名称には、送生(そうせい)、催生(さいせい)、註生(ちゅうせい)、送子(そうし)、子孫などがあり、子授けと安産の神とされるが、眼光娘娘には眼病平癒を、斑疹(はんしん)(天花)娘娘には天然痘除(よ)けの願いが込められる。また西王母(せいおうぼ)をいう王母娘娘、媽祖(まそ)をいう天后娘娘などがある。娘娘は観音(かんのん)、薬王、斗母(とぼ)とも比せられる。[原田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の娘娘廟の言及

【娘娘】より

…子授けや出産をつかさどる送子(生)娘娘・子孫娘娘・催生娘娘,母乳が出るようにしてくれる奶奶娘娘,眼病を治してくれる眼光娘娘,天然痘を治してくれる痘疹娘娘・天花娘娘,幼児の魂を入れ換える偸生娘娘,発財や出世・長寿をつかさどる財福娘娘など多様である。これらの娘娘をまつった娘娘廟には子宝を求める婦人が参詣し,置かれている泥人形に赤い紐を結びつけたり,ひそかに持ち帰ったり,あるいは娘娘に抱かれている泥人形の陽根を削り取って飲んだりすると子宝に恵まれるとして信仰をあつめた。旧暦3,4月に廟会(びようえ)が行われ,信仰,娯楽,商売をかねてにぎわった。…

【廟】より

…ただこれは恒久的に存続するとは限らず,新任の役人が治績をあげればさっそく替えられることもあった。代表的な祠廟として,関帝廟(関羽をまつる),城隍(じようこう)廟(都市の守護神をまつる),娘娘(ニヤンニヤン)廟(子授けの女神をまつる),媽祖(まそ)廟(航海安全の女神をまつる,元后宮ともいう)などがあり,これらは今なお台湾省や華僑の多い国々で善男善女の願掛けの対象になっている。【三浦 国雄】
[日本の霊廟建築]
 日本では近世になって,豊臣秀吉や徳川家康など権力者の霊を廟としてまつり,その建築は霊廟建築として著しく発達した。…

※「娘娘廟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android