婚衣(読み)コンイ

大辞林 第三版の解説

こんい【婚衣】

鳥類の繁殖期に出現する美しい羽毛。雄に顕著。婚羽。生殖羽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こん‐い【婚衣】

〘名〙 一部の鳥類で繁殖期だけに見られる羽色。このような鳥では一般に非繁殖期には保護色的な羽色をしており、それがよく目立つものに変わる。しばしば派手な色を伴う。極楽鳥(=風鳥)の雄などに著しい。オオジュリンユリカモメの雄などの夏羽も婚衣に含まれる。婚羽。生殖羽

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の婚衣の言及

【婚姻色】より

…鳥類では,繁殖期に入る前の換羽によって,雄がしばしばきわめてはでな羽毛をまとうものが多い。これも婚姻色の一種であるが,単なる皮膚の着色ではないためとくに婚衣nuptial plumageとよばれる。 繁殖期の到来に伴って精巣が発達,成熟し,その結果雄性ホルモン分泌がさかんとなって,色素形成,羽毛形成に変化が起こり,婚姻色や婚衣が生ずることは,実験的にもたしかめられている。…

※「婚衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android