コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婿入婚 むこいりこん

2件 の用語解説(婿入婚の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

婿入婚【むこいりこん】

夫婦の生活が嫁方でなされる婚姻。招婿婚(しょうせいこん)とも。嫁入婚の対。母系制社会に多くみられる。日本では父系制下ではあったが,平安時代まで婚姻の支配的形式であった。
→関連項目足入婚初婿入り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むこいりこん【婿入婚】

婚姻生活の場を妻方(嫁方)におく婚姻。招婿婚,妻訪婚,妻処婚などともいう。一般に日本の基本的婚姻形態として,夫妻の居住方式や初婿入りなどの婚姻成立儀礼の行われ方から,婿入婚と嫁入婚に分類されているが,婿入り嫁入りのような民俗語彙をもとにしてのこの分類は,必ずしもその意味が合意されているわけではなく,ことに婿入婚に関してはあいまいである。婚舎を妻方におく場合でもその形態はさまざまで,終生夫妻が同居するもの,一時的に夫妻同居するもの(東北地方の年季婿の例),終生夫妻不同居で妻訪いするもの(かつての岐阜県白川村の長男以外の男子の婚姻),婚姻初期に一時的に妻訪いし結局は夫方に夫妻同居するものなどがあり,それぞれ異なる意義をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の婿入婚の言及

【婚姻】より

…しかしかかる通説を全面否定したのが高群逸枝(たかむれいつえ)《招婿婚の研究》(1953)である。この説は,籍帳には独身の成年男女例,1・2歳の乳児がいながら妻を付籍しない例,生家に子とともに付籍されている娘の例など通説では説明できない事象が広く存在し,しかもかかる例が律令国家の規制の弱まる後代の籍帳ほど多くみられる点をもう一つの根拠にしているが,その最大の論拠は10世紀以降の貴族の日記から復元される婚制が婿取婚(婿入婚)である事実であった。高群はこの婿取婚をI前婿取婚(飛鳥奈良平安初),II純婿取婚(平安中),III経営所婿取婚(平安末),IV擬制婿取婚(鎌倉南北朝)の4段階に分けている。…

【婚礼】より

…【末成 道男】
[日本の婚礼]
 婚姻の儀礼は婚姻の形態によりさまざまである。いわゆる婿入婚(妻方・夫方居住婚)では,すでに当事者間で約束された夫婦関係を公的に承認する意味の儀礼が中心となる。結婚の話がきまると婚姻成立儀礼として,夫が妻方におもむいて妻の親の盃をとりかわす〈ミキレイ〉などとよぶ婿入りの儀礼がある。…

【しゅうと・しゅうとめ(舅・姑)】より

…また祝言の前日にシュウトイリと称して,嫁の両親の夫の家への訪問を儀礼化している場合もある。 嫁が夫の家に入る嫁入婚においては,とくに嫁と夫の父母との関係がきわめて重要であり,また妻方への一時的訪婚をともなう婿入婚においては夫と妻の父母との関係も合わせて重要である。嫁入婚においてはとくに嫁と夫の父母,なかでも嫁と姑の関係は主婦権をもつ者とこれをやがて奪う者との関係であり,緊張関係が形成される。…

【性】より

…〈性〉ということばにはさまざまな意味がある。まず〈性〉は生物の多くの種にみられる二つの表現形態の区別で,ヒトであれば男性―女性,動植物であれば雄性(雄)―雌性(雌)の区別を意味する。次に,この二つの性が存在するところから生じる行動,現象も一般に〈性〉といわれる。 ヒトの場合,性は遺伝子によって決定され,発生の過程で内性器,外性器の性分化が起こる。これを一次性徴という。次いで思春期にいたると,男子では筋骨の発達やひげが生えるというぐあいに,一見して〈男らしい〉〈女らしい〉体つきとなる。…

【嫁】より

…嫡子外の男は,多く両親とは別の世帯をもったのであり,そこでは夫婦を軸とする家族生活が展開された。またいわゆる婿入婚は,婚姻初期には妻方に訪婚し,やがて夫方に引き移る夫方居住の形態をとるのだが,その夫方への引移りに際し,しばしば親子2世代夫婦不同居の原則をとることがみられた。つまり夫方への引移りは,夫の親の死亡,あるいは隠居などによって,嫁が直ちに主婦の座につくことが可能な状態において行われるのであり,そこでは核家族の形態がみられ,しゅうとめも嫁もそれぞれ別個のカマドを所有する主婦として存在できた。…

【嫁入婚】より

…夫処婚ともいう。一般に日本の婚姻形態は,夫妻の居住方式や婚姻成立儀礼の行われ方から婿入婚と嫁入婚に分類されるが,この婿入婚も婚姻初期は妻方に訪婚するが結局は夫方に居住する形態をとっている。嫁入婚の形式は,中世武家社会に形成されたものとされ,そこには家父長制をもとにする家の重視や,村外(遠方)の通婚がみられ,これを背景として仲人の重視,結納,嫁入り,荷物送り,披露など婚姻諸儀礼の著しい発達があり,それらは小笠原流などの礼法によっていっそう形式をととのえている。…

※「婿入婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone