媒介契約(読み)ばいかいけいやく

不動産用語辞典の解説

宅建業宅地建物売買や交換の仲介を依頼された際に、依頼者と結ぶ契約です。
大別すると、一般媒介契約専任媒介契約の二つがあります。両者の違いは、依頼主が複数の宅建業者に媒介を依頼できるかかという点。報酬の支払いや特約違反などのトラブルを避けるために、業者は媒介契約を締結した時点で、契約内容を記載した書面を依頼者に交付する義務があります。
種類については次の3つに分類されます。
依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができる一般媒介契約(明示型と非明示型がある)
依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができない専任媒介契約
依頼者が依頼をした宅建業者が探索した相手方以外の者と売買または交換の契約を締結することができない専属専任媒介契約
があります。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

媒介契約の関連情報