コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの急性鼻炎 こどものきゅうせいびえんAcute Rhinitis

家庭医学館の解説

こどものきゅうせいびえん【子どもの急性鼻炎 Acute Rhinitis】

[どんな病気か]
 一般に鼻(はな)かぜと呼ばれる病気で、鼻水、鼻づまりがおもな症状です。
 インフルエンザウイルス、パラインフルエンザウイルスなどのウイルス感染と、その後に続く細菌の二次感染が原因です。
[症状]
 鼻水は、最初は水様性です。症状が進むと膿性(のうせい)になります。鼻の入り口が赤くなってただれたり、鼻血(はなぢ)が出やすくなったりします。夜は、鼻づまりのために、呼吸が苦しくなります。
 乳児は、鼻づまりのためにミルクがうまく飲めなくなります。
 鼻炎以外に、咽頭炎(いんとうえん)、扁桃炎(へんとうえん)、気管支炎(きかんしえん)、急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)、急性副鼻腔炎(きゅうせいふくびくうえん)を併発することがよくあります。
[治療]
 症状に応じて、内服剤を服用します。耳鼻咽喉科(じびいんこうか)を受診し、鼻処置をしてもらうと、鼻づまりがとれてすっきりします。
 乳児は、耳鼻咽喉科で点鼻薬(てんびやく)を処方してもらい、睡眠前や哺乳(ほにゅう)の前に使うといいでしょう。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android