コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア) こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)

1件 の用語解説(子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ【子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア) Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)】

[どんな病気か]
 子どもの横隔膜ヘルニアのなかでもっとも多いのがボホダレク孔ヘルニアです。
 これは、胎児期(たいじき)に横隔膜が形成されるときに、その後ろ側が完全に閉まらずに裂け目が残り、その孔(あな)から胃、小腸(しょうちょう)、大腸(だいちょう)、脾臓(ひぞう)などが胸腔(きょうくう)に脱出したままで生まれてくるものです。内臓が肺や心臓を圧迫するため、生まれたときから呼吸困難チアノーゼがみられます。
 X線撮影して消化管ガスが胸部にみられれば診断がつきます。
[治療]
 生まれたらただちに酸素を与え、開腹手術して脱出した内臓を腹腔に引き戻し、横隔膜の穴を閉じます。ただし、胎児期から肺が圧迫されていて肺の形成が不完全であるため、救命率は60~70%くらいです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア)の関連キーワード横隔膜横隔膜ヘルニア隔膜食道裂孔ヘルニア腹式呼吸奇異性横隔膜現象リッテンの横隔膜現象横隔膜ヘルニア (diaphragmatic hernia)横隔膜 (diaphragm)ヘルニア (hernia)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone