子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア)(読み)こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ(英語表記)Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)

家庭医学館の解説

こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ【子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア) Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)】

[どんな病気か]
 子どもの横隔膜ヘルニアのなかでもっとも多いのがボホダレク孔ヘルニアです。
 これは、胎児期(たいじき)に横隔膜が形成されるときに、その後ろ側が完全に閉まらずに裂け目が残り、その孔(あな)から胃、小腸(しょうちょう)、大腸(だいちょう)、脾臓(ひぞう)などが胸腔(きょうくう)に脱出したままで生まれてくるものです。内臓が肺や心臓を圧迫するため、生まれたときから呼吸困難とチアノーゼがみられます。
 X線撮影して消化管ガスが胸部にみられれば診断がつきます。
[治療]
 生まれたらただちに酸素を与え、開腹手術して脱出した内臓を腹腔に引き戻し、横隔膜の穴を閉じます。ただし、胎児期から肺が圧迫されていて肺の形成が不完全であるため、救命率は60~70%くらいです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android