子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア)(読み)こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ(英語表記)Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)

家庭医学館の解説

こどものおうかくまくへるにあぼほだれくこうへるにあ【子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア) Diaphragmatic Hernia(Bochdalek Hernia)】

[どんな病気か]
 子どもの横隔膜ヘルニアのなかでもっとも多いのがボホダレクヘルニアです。
 これは、胎児期(たいじき)に横隔膜が形成されるときに、その後ろ側が完全に閉まらずに裂け目が残り、その孔(あな)から胃、小腸(しょうちょう)、大腸(だいちょう)、脾臓(ひぞう)などが胸腔(きょうくう)に脱出したままで生まれてくるものです。内臓が肺や心臓を圧迫するため、生まれたときから呼吸困難とチアノーゼがみられます。
 X線撮影して消化管ガスが胸部にみられれば診断がつきます。
[治療]
 生まれたらただちに酸素を与え、開腹手術して脱出した内臓を腹腔に引き戻し、横隔膜の穴を閉じます。ただし、胎児期から肺が圧迫されていて肺の形成が不完全であるため、救命率は60~70%くらいです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android