子供の広場(読み)こどものひろば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子供の広場
こどものひろば

児童向け総合雑誌。民主的で文化的な国づくりを標榜(ひょうぼう)し、大久保正太郎が編集人で、菅忠道(かんただみち)、関英雄、松山文雄らが編集に参加。1946年(昭和21)4月、新世界社発行。48年1月号より『少年少女の広場』と改題。藤森成吉(せいきち)『ピオの話』(1946.5)、筒井敬介(けいすけ)『コルプス先生汽車へのる』(1947.11)、壺井栄(つぼいさかえ)『あたたかい右の手』(1948.9)などが発表されたが、児童向け大衆雑誌の創刊が相次ぐ50年、5月号をもって廃刊となった。[向川幹雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子供の広場の関連情報