コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関英雄 せき ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関英雄 せき-ひでお

1912-1996 昭和-平成時代の児童文学者。
明治45年1月24日生まれ。昭和17年第1童話集「北国の犬」を出版する。21年児童文学者協会の設立発起人となり,平成4年会長。その間の昭和47年自伝的長編「小さい心の旅」と「白い蝶の記」で赤い鳥文学賞,59年「体験的児童文学史」で日本児童文学学会賞。平成8年4月12日死去。84歳。愛知県出身。立正商業卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関英雄
せきひでお
(1912―1996)

児童文学作家、評論家。名古屋に生まれる。小学校卒業後、苦学して夜間の立正商業学校を卒業。16歳で同人誌を発刊、以来数々の同人誌により創作や評論を発表。1942年(昭和17)短編集『北国の犬』を出版。46年の児童文学者協会設立に参加し、精力的に評論や創作を書き続け、戦後児童文学運動の推進者となる。社会的視野から子供をリアルにとらえても、ロマンチシズムのやわらかさを失わない作風。代表作に『小さい心の旅』(1971)、『体験的児童文学史』(1984)などがある。[西本鶏介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関英雄の関連キーワードエチレン(植物ホルモン)日本児童文学者協会塚原健二郎子供の広場宮口しづえ西本鶏介茶木 滋杉みき子小出正吾

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android