コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺井栄 つぼいさかえ

5件 の用語解説(壺井栄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺井栄
つぼいさかえ

[生]1900.8.5. 香川,小豆島
[没]1967.6.23. 東京
小説家。高等小学校卒業後,郵便局などで働きながら同郷の黒島伝治壺井繁治らの影響を受け,上京して壺井と結婚。ナップの運動を手伝い,『働く婦人』編集部に参加 (1932) 。佐多稲子宮本百合子らと知合って創作を始め,短編集『暦』 (40) ,『ともしび』 (41) など童話風,民話風の作品で認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つぼい‐さかえ【壺井栄】壺井榮

[1900~1967]小説家。香川県小豆島の生まれ。詩人壺井繁治と結婚後、プロレタリア文学運動に参加。作「暦」「柿の木のある家」「二十四の瞳」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壺井栄【つぼいさかえ】

作家。小豆島生れ。1925年詩人壺井繁治と結婚し,アナーキズムの詩人や林芙美子平林たい子らと知り合った。またナップの仕事を通じて宮本百合子佐多稲子を知った。
→関連項目壺井繁治

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壺井栄 つぼい-さかえ

1899-1967 昭和時代の小説家。
明治32年8月5日生まれ。壺井繁治(しげじ)と結婚。プロレタリア文学運動を通じて宮本百合子,佐多稲子を知る。昭和13年「大根の葉」を発表。「二十四の瞳(ひとみ)」は映画化されてひろく知られる。昭和42年6月23日死去。67歳。香川県出身。旧姓は岩井。作品はほかに「暦」「柿の木のある家」など。
【格言など】名誉の戦死など,しなさんな。生きてもどってくるのよ(「二十四の瞳」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壺井栄
つぼいさかえ
(1900―1967)

小説家、童話作家。旧姓岩井。明治33年8月5日香川県小豆島(しょうどしま)のしょうゆ樽(だる)職人の家に生まれた。学歴は小学校卒業のみ。島の郵便局などに勤めたが、1925年(大正14)上京して同郷の壺井繁治(しげじ)と結婚。プロレタリア詩人だった夫とその友人だった宮本百合子(ゆりこ)、佐多稲子(さたいねこ)などの影響で、38歳のとき処女作『大根の葉』(1938)を発表、以後小説と童話の多彩な創作活動に入った。代表作として、小説に『暦』(1940)、『妻の座』(1949)、『裲襠(うちかけ)』(1955)、大人とともに子供にも読める家庭小説に『柿(かき)の木のある家』(1949)、『母のない子と子のない母と』(1951)などがあり、『二十四の瞳(ひとみ)』(1952)は映画化されて大衆の涙をそそった。童話集に『海のたましひ』(1944)、『十五夜の月』(1947)など。社会革新の思想を内に秘めつつ庶民感情にたった暖かな作風で、多くの読者の支持を受けた。芸術選奨(1952)、女流文学賞(1955)などを受賞。昭和42年6月23日没。[上笙一郎]
『『壺井栄全集』全10巻(1968~69・筑摩書房) ▽『壺井栄児童文学全集』全四巻(1964~65・講談社) ▽壺井繁治編『回想の壺井栄』(1973・私家版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壺井栄の言及

【児童文学】より

…その間にあって,宮沢賢治,新美南吉の童話は想像ゆたかな物語性で異色を放ち,また幼年童話における浜田広介は独特な調子で近代説話を語り,それぞれ戦中・戦後にわたって広範な読者をもった。 第2次世界大戦後,平和と民主主義という新しい価値観の到来とともに,《赤とんぼ》《銀河》《子供の広場》など文化的・進歩的な児童雑誌の創刊があいつぎ,一種熱っぽい状況のなかで,石井桃子《ノンちゃん雲に乗る》(1947),竹山道雄《ビルマの竪琴(たてごと)》(1948),壺井栄《二十四の瞳》(1952)など今日にも残る作品が生まれた。これらはいずれも短編中心だった日本の児童文学にはめずらしい本格的な長編作品だったが,その作者がいずれも未明を中心とした童話文壇の人脈でないところから現れた点は象徴的である。…

【二十四の瞳】より

…壺井栄(1900‐67)の長編小説。1952年2~11月《ニュー・エイジ》に連載。…

※「壺井栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壺井栄の関連キーワード木村荘十桜田常久修理屋浅見淵池田小菊古木鉄太郎摂津茂和寺崎浩野沢純横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壺井栄の関連情報