コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子弟書 していしょzǐ dì shū

世界大百科事典 第2版の解説

していしょ【子弟書 zǐ dì shū】

中国,清代の語り物。18世紀後半,満州八旗の子弟からおこったという。19世紀に北京から瀋陽に伝播し東北一帯にも流行した。七字句を三弦や八角鼓の伴奏で語ったらしい。通俗小説,伝統劇,市井の事柄を内容とする。曲調には穏やかで連綿とした西城調と雄壮激烈な東城調がある。典雅さのためか19世紀末には衰滅したが,北方各地の語り物に影響を与えた。現存する400余りの歌詞は文学的評価も高い。【吉川 良和】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android