コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子弟書 していしょ zǐ dì shū

1件 の用語解説(子弟書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

していしょ【子弟書 zǐ dì shū】

中国,清代の語り物。18世紀後半,満州八旗の子弟からおこったという。19世紀に北京から瀋陽に伝播し東北一帯にも流行した。七字句を三弦や八角鼓の伴奏で語ったらしい。通俗小説,伝統劇,市井の事柄を内容とする。曲調には穏やかで連綿とした西城調と雄壮激烈な東城調がある。典雅さのためか19世紀末には衰滅したが,北方各地の語り物に影響を与えた。現存する400余りの歌詞は文学的評価も高い。【吉川 良和】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子弟書の関連キーワード金冬心語り物呉派弾詞北洋苦力摂関時代天地会ダカーポアリアラージプート族

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone