コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔雀文 くじゃくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔雀文
くじゃくもん

動物文様の一種。古代エジプト,イラン,インドの美術工芸品,建築の装飾に用いられ,中国では漢代の工芸品に用例がある。日本では奈良時代に大陸から将来した文様として葡萄文などとともに愛好され,正倉院に『孔雀文刺繍』『密陀絵孔雀文盆』『孔雀文貼銀鏡』などの作品がある。密教の伝来後は孔雀明王の信仰に伴い,悪を除く宝鳥として中尊寺金色堂須弥壇のような建築装飾文様,銅鏡,銅磬 (どうけい) の意匠として用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

孔雀文の関連キーワード大分県宇佐市南宇佐宇佐神宮境内岩田 久利動物文様地蔵院堆朱

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

孔雀文の関連情報