コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔雀文 くじゃくもん

1件 の用語解説(孔雀文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔雀文
くじゃくもん

動物文様の一種。古代エジプトイランインドの美術工芸品,建築の装飾に用いられ,中国では漢代の工芸品に用例がある。日本では奈良時代に大陸から将来した文様として葡萄文などとともに愛好され,正倉院に『孔雀文刺繍』『密陀絵孔雀文盆』『孔雀文貼銀鏡』などの作品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孔雀文の関連情報