須弥壇(読み)しゅみだん

日本大百科全書(ニッポニカ)「須弥壇」の解説

須弥壇
しゅみだん

仏殿内で仏像や仏龕(ぶつがん)を安置するため設けた高い壇。仏像の台座の一つである須弥座と同義である。帝釈天(たいしゃくてん)の住むという須弥山(しゅみせん)をかたどったもので、須弥山形の上に仏像を安置するのは、古くインドでも行われていた。四角、八角または円形の、一重か二重の壇で、多くは上縁には勾欄(こうらん)がある。奈良時代までは仏堂が土間であったため、須弥壇も石造や漆食(しっくい)造で、低いものが多い(法隆寺夢殿八角壇、新薬師寺の円形漆食壇、薬師寺や唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂の石造矩形(くけい)壇)。平安時代になると仏堂の板敷にあわせて須弥壇も木造となった。普通は上下の框(かまち)の間に束(つか)を立て、束と束の間に板をはめ、格狭間(こうざま)が設けられるが、密教建築では壇が高く、上に厨子(ずし)が設けられることが多い。また平等院鳳凰堂(ほうおうどう)や中尊寺金色堂などは漆塗りに蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)などを施し、金銅の飾り金具を使用した豪華な遺品である。鎌倉時代には、宋(そう)風に倣って繰形(くりがた)を多く使用し、細かい段を重ねて腰細にした禅宗様の形式が生まれた。その代表例は建長寺のもので、腰部の蹴込(けこ)みには獅子(しし)や唐草(からくさ)が彫り出され、上縁には禅宗様独特の勾欄が置かれている。

[佐藤昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「須弥壇」の解説

須弥壇【しゅみだん】

仏堂内で仏像(がん)を安置するで,須弥山にかたどっていう。正方形・長方形・八角形・円形の一重か二重の壇で,上縁に欄(こうらん)をつけたものが多い。古くは土・石・漆喰(しっくい)などで造ったが,平安以後は木造で装飾をもったものが普通。遺例のうち,中尊寺の螺鈿(らでん)八角須弥壇(平安時代)が名高い。
→関連項目高欄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「須弥壇」の解説

須弥壇
しゅみだん

堂内に仏像を安置するために,床面より高く設けられた壇で,須弥山を模したという。平面は普通四角であるが,八角,円形などもある。なお,古くは土製,石製で比較的簡素なものであったが,平安時代以降,堂内が板敷となるに伴い木製に変化するとともに,諸種の荘厳が加えられるにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「須弥壇」の解説

しゅみだん【須弥壇】

須弥山をかたどった壇ので,仏堂内で仏像群や厨子(ずし),宮殿(くうでん)などを安置し荘厳(しようごん)する壇。古代には切石,(せん)または木造で壇上積(だんじようづみ)基壇と呼ばれる形を用いた。石造では床面に地覆(じふく)を置き,(つか)を立てて上縁に(かつら)をめぐらし,間に羽目を入れる。羽目に格狭間(こうざま)や浮彫を付したり,地覆下に蓮座を置くもの,上面に波文塼を敷くものもあった。木造も同様で,上下に框(かまち)を張り,この間に束を立て羽目板をはめ,上縁に高(勾)欄をめぐらす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の須弥壇の言及

【社寺建築構造】より

…室町以後は透彫の彫刻を入れたものが現れてくる。
[仏壇]
 奈良時代の仏堂は土間であるから,仏壇(須弥壇(しゆみだん))は石を使い,壇上積み基壇と同様につくられる。板敷ができてから木製になるが,構造は同様で上下の框と束からなり,その間に板をはめる。…

【荘厳具】より

…したがってこれを荘厳具と規定するにはいささか議論のあるところであるが,今日では一般に仏の荘厳具と同一視されている。 (2)の仏堂の荘厳具としては,まず須弥壇(しゆみだん)がある。仏教で説く須弥山をかたどったものといい,仏像を安置し,これを支える壇である。…

※「須弥壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android