孤衾(読み)コキン

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐きん【孤衾】

〘名〙 ひとりねの夜具。転じて、ともに夜を過ごす人もなく、ひとりさびしく寝ること。
※頼山陽詩集(1832)五・赴備後途上「孤衾冷如鉄」 〔柳惲‐擣衣詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android