コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとりね

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりね

文武二道にたけ,諸芸に通じ,人の師たるに足れる芸十六に及ぶといわれた風流人,大和郡山柳沢藩家老柳沢淇園(きえん)の随筆。近世を通じて刊行されることなく,写本をもって行われた。成立は,序文によれば,主家柳沢家の甲府から大和郡山への移封があった1724年(享保9),淇園21歳のおり,城受取役の一人として先発した彼が,彼地九条において日々の無聊(ぶりよう)の慰めに筆を執ったことに始まるという。内容は,絵画,和歌,俳諧,琴,尺八,三味線など諸事芸能にわたるが,なかでも,遊女と遊びの道に多くをさき,彼の多趣味,ことにこだわらぬ風流人士ぶりを読み取りうるだろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のひとりねの言及

【好色文学】より

…宝暦以降には《長枕褥(しとね)合戦》《痿陰(なえまら)隠逸伝》などの奇抜なものもあるが,柳亭種彦の《水揚帖(みずあげちよう)》はじめ《春情花の朧夜(おぼろよ)》《真情春雨衣》などは純然たる春本である。柳里恭(りゆうりきよう)の《ひとりね》は小説ではないが好色の奥義を説いた部分がある。要するに日本の好色文学は,江戸時代を中心としてすぐれたものが生まれ,明治以後になると文学上の自覚と政府の禁圧強化で衰えた。…

※「ひとりね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ひとりねの関連キーワード杓子当たり・杓子当り首丈・頸丈・頚丈憎体らしい思ひ明かす恥ぢがはしなどやか方便無し榊原るみ尾上博美花をやる下んす手事物継山流せがむす文字屋形者猿賢い冥冥眉間血文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android