コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤高の人

2件 の用語解説(孤高の人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

孤高の人

坂本眞一作画、新田次郎原案による漫画作品。クライミングと出会い、極限の登山に「生きる」感覚を求めた青年が人類未踏の氷壁K2東壁を目指す姿を描く。『週刊ヤングジャンプ』2007年第48号~2011年第48号に連載。集英社ヤングジャンプコミックス全17巻。第14回(2010年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ここうのひと〔コカウのひと〕【孤高の人】

新田次郎による長編の山岳小説。単独登山で知られた社会人登山家、加藤文太郎の生涯を描く。昭和44年(1969)刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

孤高の人の関連キーワード男組陰陽師 玉手匣気分はもう戦争GIANT KILLING女帝 花舞精霊王DAI-HONYAHEAT-灼熱-やる気まんまんレンアイ漫画家

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孤高の人の関連情報