コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田次郎 にったじろう

6件 の用語解説(新田次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田次郎
にったじろう

[生]1912.6.6. 長野,上諏訪
[没]1980.2.15. 武蔵野
小説家。 1932年無線電信講習所卒業。中央気象台に勤務,第2次世界大戦中は満州中央気象台に派遣された。 51年『強力 (ごうりき) 伝』が『サンデー毎日』の懸賞小説に当選,また同名の第1短編集 (1955) で直木賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にった‐じろう〔‐ジラウ〕【新田次郎】

[1912~1980]小説家。長野の生まれ。本名、藤原寛人(ひろと)。気象台勤務の経験を生かした山岳小説で人気を集め、昭和を代表する作家となる。また歴史小説の大作でも知られる。「強力伝(ごうりきでん)」で直木賞受賞。他に「孤高の人」「八甲田山死の彷徨」「武田信玄」など。映像化された作品も多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新田次郎【にったじろう】

小説家。本名藤原寛人(ひろと)。長野県生れ。無線電信講習所本科(現電機通信大学)卒。中央気象台に就職し,富士山測候所に勤務。のち,満州国中央気象台に転任し,敗戦を新京で迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新田次郎 にった-じろう

1912-1980 昭和時代後期の小説家。
明治45年6月6日生まれ。中央気象台にはいり,富士山観測所,満州国中央気象台などにつとめる。戦後,妻藤原ていの「流れる星は生きている」がベストセラーとなり,刺激されて「強力(ごうりき)伝」を執筆,昭和31年直木賞。山岳・歴史小説をつぎつぎと発表し,49年吉川英治文学賞。昭和55年2月15日死去。67歳。長野県出身。無線電信講習所(現電通大)卒。本名は藤原寛人(ひろと)。代表作に「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」「武田信玄」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

にったじろう【新田次郎】

1912~1980) 小説家。長野県生まれ。本名、藤原寛人。無線電信講習所卒。「強力伝」で山岳小説家として登場。小説「武田信玄」「八甲田山死の彷徨」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田次郎
にったじろう
(1912―1980)

小説家。本名藤原寛人(ひろと)。長野県生まれ。無線電信講習所(現電気通信大学)卒業。中央気象台(現気象庁)に就職し、富士山観測所や満州(中国東北)中央気象台などに勤めた。第二次世界大戦後、妻藤原ていの満州からの引揚げ体験記『流れる星は生きている』(1949)がベストセラーになったのに刺激されて小説を書き始め、富士山の強力(ごうりき)をめぐる友情物語『強力伝』(1951)が『サンデー毎日』の懸賞に入選。同作を収めた処女作品集『強力伝』(1955)で直木賞を受賞。以来、専門の知識と体験により次々と山岳小説を生む。さらに、推理、歴史小説などにも境地を開くが、自然の脅威とそれと闘う人間の姿を描くというテーマは一貫している。『八甲田山死の彷徨(ほうこう)』(1971)、『武田信玄(しんげん)』(1969~73)などの代表作がある。[高橋広満]
『『新田次郎全集』全22巻(1974~76・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新田次郎の言及

【藤原咲平】より

…著書には《雲》《雲を摑む話》などがある。なお,作家の新田次郎は藤原咲平の甥である。また姓は〈ふじはら〉ともいう。…

※「新田次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新田次郎の関連キーワード梶山季之野呂邦暢藤原審爾穂積驚川上宗薫折目博子畔柳二美小林美代子咲村観沢野久雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新田次郎の関連情報