コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤文太郎 かとう ぶんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤文太郎 かとう-ぶんたろう

1905-1936 大正-昭和時代前期の登山家。
明治38年3月11日生まれ。大正8年(1919)三菱内燃製作所(のちの三菱神戸造船所)に入社。社会人登山家として夏の白馬岳登山を手始めに,冬の北アルプスの単独登山に挑戦。昭和11年1月槍ケ岳北鎌尾根で遭難死した。32歳。新田次郎の小説「孤高の人」のモデル。兵庫県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤文太郎
かとうぶんたろう
(1905―1936)

登山家。兵庫県浜坂出身。神戸造船所に勤める。1925年(大正14)白馬(しろうま)岳登山をはじめとして、北アルプスを中心に槍(やり)ヶ岳、穂高岳、笠(かさ)ヶ岳など単独行でエネルギッシュな登山を行った。36年(昭和11)槍ヶ岳北鎌(きたかま)尾根で遭難死した。没後遺稿集『単独行』が出版された。新田(にった)次郎の小説『孤高の人』によってその生涯が描かれている。[徳久球雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加藤文太郎の関連キーワード新温泉(町)単独行

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤文太郎の関連情報