学侶方(読み)がくりょがた

精選版 日本国語大辞典の解説

がくりょ‐がた【学侶方】

〘名〙 もっぱら学道修行につとめた僧衆。特に、高野三方(こうやさんかた)の一つ。行人方(ぎょうにんがた)、聖方(ひじりがた)に対していう。覚鑁(かくばん)が学侶三六人を定めたのが始まり。
※高野山文書‐(年月日未詳)(江戸)用水普請入用米請求状案「是は年々学侶行人方知行所田畑へ掛り申用水普請入用米に而御座候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android