コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫東満氏家屋 そんとうまんしかおくSon Dongman-si kaok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孫東満氏家屋
そんとうまんしかおく
Son Dongman-si kaok

韓国,慶尚北道慶州郡江東面良洞里にある朝鮮王朝初期の上流住宅。月城孫氏の大宗家の家屋として,世祖3 (1458) 年に建立された。建築面積約 230m2 (70坪) 。行廊棟,主屋 (内棟) ,家廟 (祠堂) の3つの領域で構成される。敷地全体は,小高い丘のすそ野に位置しているため,外部からは行廊棟しか見えない。祠堂は,斜廊マダン (庭) から正面に見えるように最も重要な位置に配置され,宗家であることを象徴している。全体的に単純な架構と装飾のない素朴なたたずまいは,当時の士大夫住宅の節制をよく示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android