世祖(読み)セイソ

  • 1417―1468
  • 世祖 Sejo

世界大百科事典 第2版の解説

1417‐68
朝鮮朝の第7代国王。在位1455‐68年。本名は李(りじゆう)。世宗の第2子。クーデタで甥の端宗を追放し,政権を奪った。1466年,科田法を廃止して職田法を施行した。学問を奨励し,《経国大典》《国朝宝鑑》《東国通鑑》などの編纂事業を進めた。また軍備を整え,67年の李施愛反乱を鎮圧し,豆満江方面の女真人を討した。一方,日本とは盛んに修好通商を行い,多数の日本人が朝鮮の三(さんぽ)(乃而(ないじ)浦,富山浦,塩浦)に居住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮、李朝(りちょう)第7代の王(在位1455~68)。諱(いみな)は(じゅう)。第4代世宗の第2子。即位前は首陽大君を称した。甥(おい)の端宗(在位1452~55)即位後の1453年、皇甫仁(こうほじん)らの重臣を殺害して政権を握り(癸酉靖難(きゆうせいなん))、ついで王位を譲られた。官制改革、軍制(五衛制)の確立、職田(しょくでん)法の制定と貢物上納量の改定、『経国大典』の編纂(へんさん)など、統治体制の整備を進めて王権を強化する一方、東北の土豪李施愛(りしあい)の反乱を鎮圧し、国境外の女真(じょしん)を攻撃して武威をあげ最盛期をもたらした。

[糟谷憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 一世の祖先。中国で、太祖・高祖・太宗などについで朝家の基礎を固めた天子の尊号。武帝、文帝、孝元帝、孝武帝など、それぞれ諡号(しごう)の上に冠して呼ぶ。特に、後漢の光武帝、魏の曹丕(そうひ)、元のフビライなどが有名。〔張衡‐東京賦〕
[2]
[一] 中国、後漢の初代皇帝、劉秀(りゅうしゅう)(=光武帝)。
[二] 中国、三国魏の初代皇帝、曹丕。
[三] 中国、三国晉の初代皇帝、司馬炎。
[四] 中国、北魏の第三代皇帝、拓跋燾(たくばつとう)
[五] 中国、元朝の初代皇帝、フビライ。
[六] 中国、清朝の第三代皇帝、愛新覚羅福臨。
[七] ベトナム、阮朝の初代皇帝、阮福映。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android