コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世祖 セイソ

4件 の用語解説(世祖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せい‐そ【世祖】

ある王統の祖先。1世の祖先。
中国で、太祖高祖太宗などに次いで朝家の基礎を固めた君主の廟号(びょうごう)。特に後漢の光武帝(劉秀)、フビライが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいそ【世祖 Se‐jo】

1417‐68
朝鮮,李朝の第7代国王。在位1455‐68年。本名は李(りじゆう)。世宗の第2子。クーデタで甥の端宗を追放し,政権を奪った。1466年,科田法を廃止して職田法を施行した。学問を奨励し,《経国大典》《国朝宝鑑》《東国通鑑》などの編纂事業を進めた。また軍備を整え,67年の李施愛の反乱を鎮圧し,豆満江方面の女真人を征討した。一方,日本とは盛んに修好・通商を行い,多数の日本人が朝鮮の三浦(さんぽ)(乃而(ないじ)浦,富山浦,塩浦)に居住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいそ【世祖】

中国や朝鮮で太祖・高祖・太宗などに次いで功績のあった皇帝の廟号びようごう。元のフビライ、清の順治帝など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世祖
せいそ
(1417―1468)

朝鮮、李朝(りちょう)第7代の王(在位1455~68)。諱(いみな)(じゅう)。第4代世宗の第2子。即位前は首陽大君を称した。甥(おい)の端宗(在位1452~55)即位後の1453年、皇甫仁(こうほじん)らの重臣を殺害して政権を握り(癸酉靖難(きゆうせいなん))、ついで王位を譲られた。官制改革、軍制(五衛制)の確立、職田(しょくでん)法の制定と貢物上納量の改定、『経国大典』の編纂(へんさん)など、統治体制の整備を進めて王権を強化する一方、東北の土豪李施愛(りしあい)の反乱を鎮圧し、国境外の女真(じょしん)を攻撃して武威をあげ最盛期をもたらした。[糟谷憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世祖の関連キーワードオノン川聖武親征録モンゴル帝国ワッサーフシャージャハーンオゴタイ・ハーンウルジャーイートゥー・ハーンオゴタイ・ハーンチャガタイ・ハーン国チンギス・ハーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone