コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孫武 ソンブ

デジタル大辞泉の解説

そん‐ぶ【孫武】

中国、春秋時代の兵法家。斉(山東省)の人。王の闔閭(こうりょ)に仕え、その功を助けた。呉起とともに兵法の祖といわれる。→孫子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そんぶ【孫武】

中国、春秋時代の兵法家。斉の人。呉王闔閭こうりよに仕え、楚を破り、斉・晋しんを脅かして、呉王を覇者とするのに功があった。生没年未詳。 → 孫子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孫武
そんぶ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

孫武の関連キーワード孫子≪兵法≫大伝銀雀山漢墓呉(三国)武田金次郎武経七書武昌起義大織冠伝武蔵七党宇久家盛継体天皇三令五申松前氏葛西氏孔安国伍子胥共進会兵家孫呉孫臏子貢

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android