コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐公房 うさの きみふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐公房 うさの-きみふさ

?-? 平安後期-鎌倉時代の神職。
宇佐公通(きみみち)の子。保元(ほうげん)2-元久2年(1157-1205)の間に4回,宇佐神宮大宮司(だいぐうじ)となる。この間源平の争乱では平家方に属し,元暦(げんりゃく)元年緒方惟義(これよし)による神宮焼き打ちのあと,復興を命じられ自力で造営を完成させた。「八幡宇佐宮御神領大鏡」を編修したとされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇佐公房の関連キーワード宇佐公通

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android