コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐神宮 うさじんぐう

8件 の用語解説(宇佐神宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇佐神宮
うさじんぐう

大分県宇佐市に鎮座。宇佐八幡宮,広幡八幡大神宮,宇佐宮ともいう。元官幣大社。祭神は応神天皇神功皇后,ヒメガミの3神。全国八幡宮の総本社。豊前国一の宮伊勢神宮に次ぐ第2の宗廟として古代からあがめられてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

宇佐神宮

725年創建、全国約4万600の八幡神社の総本社。皇室から伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟(そうびょう)(帝王の祖先をまつったやしろ)として崇敬を受けてきた。卑弥呼との関連を説く学者や作家、在野の研究者も多い。JR宇佐駅からバスで約7分(1時間に1本前後)。

(2010-05-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うさ‐じんぐう【宇佐神宮】

大分県宇佐市にある神社。旧官幣大社。祭神の八幡大神応神天皇)・比売(ひめ)大神・神功(じんぐう)皇后を三殿に祭る。全国八幡宮の総本宮。伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟(そうびょう)として奈良時代から皇室の崇敬が厚い。八幡造りの本殿は国宝。豊前(ぶぜん)一の宮。宇佐宮。宇佐八幡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宇佐神宮【うさじんぐう】

大分県宇佐市南宇佐に鎮座。宇佐八幡宮とも。旧官幣大社。応神天皇,比売(ひめ)神(地主神),神功皇后をまつる。欽明天皇の時の鎮座と伝える。古来より朝廷の崇敬をうけ,奈良時代には鎮護国家の神として信仰を集めた。
→関連項目伊佐早荘石清水八幡宮宇佐[市]喧嘩祭僧形八幡田渋荘八幡宮豊後国柞原八幡宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

宇佐神宮

大分県宇佐市にある神社。725年創祀。祭神は八幡大神(応神天皇)、比売大神(ひめおおみかみ)、神功皇后。豊前国一之宮。全国の八幡社の総本宮。八幡造の本殿は国宝に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

うさじんぐう【宇佐神宮】

大分県宇佐市に鎮座。八幡宮,八幡大神宮,宇佐八幡宮,宇佐宮ともいう。旧官幣大社。誉田別(ほんだわけ)尊(応神天皇),比売(ひめ)大神,大帯姫(おおたらしひめ)命(神功皇后)をまつる。《延喜式》神名帳には〈八幡大菩薩宇佐宮〉〈比売神社〉〈大帯姫廟神社〉(ともに名神大社)とあり,平安時代から豊前国の一宮でもあった。 《古事記》《日本書紀》に名の記される宇佐津彦宇佐津姫のまつる宇佐(比売)神があったとみられるが,《扶桑略記》《八幡宇佐宮御託宣集》などには,欽明32年に大神比義(おおがのひぎ)が託宣により誉田天皇広幡八幡麻呂を奉斎したとある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うさじんぐう【宇佐神宮】

大分県宇佐市にある神社。豊前国一の宮。祭神は誉田別命ほんだわけのみこと(応神天皇)・大帯姫命おおたらしひめのみこと(神功皇后)および比売神ひめかみ。奈良時代から朝廷の崇敬があつく中世以降は武家の信仰をも受けた。全国八幡宮の総本社。宇佐八幡宮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇佐神宮
うさじんぐう

大分県宇佐市大字南宇佐に鎮座。豊前(ぶぜん)国宇佐郡の延喜式内(えんぎしきない)大社である八幡大菩薩宇佐宮(はちまんだいぼさつうさのみや)、比売神社(ひめのじんじゃ)、大帯姫廟(おおたらしひめのびょう)神社に符合するもので、第一殿に八幡大神(おおかみ)(誉田別尊(ほんだわけのみこと))、第二殿に比売大神(ひめおおかみ)、第三殿に神功(じんぐう)皇后(大帯姫)を祀(まつ)る。八幡大神は応神(おうじん)天皇とされ、神功皇后は応神天皇の生母である。比売大神は八幡大神の配偶神であるが、宇佐氏の氏神とする説もある。社名は宇佐の地名を冠したもので、1873年(明治6)に定められた。八幡大神の神徳、由来については、応神天皇に比定されるまでは諸説多く一定しない。「八幡」も当初は「やはた」と読み、菩薩号を与えられてからは「はちまん」とも読んだ。記紀などに記される神功皇后の新羅(しらぎ)(三韓(さんかん))出兵の物語が八幡大神への信仰の基底となり、武神、鎮護国家神として崇敬される一方、外来の仏教とも容易に習合しうる特異性がある。たとえば新羅の朝貢物の奉献、東大寺大仏造立への神助、道鏡の専横を和気清麻呂(わけのきよまろ)が阻止した神託などが著例といえよう。そして天皇の即位、国家に大事があるときには「宇佐和気使(わけつかい)」が差遣されることになった。平安初期には京都に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、鎌倉初期には鎌倉に鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)が創祀(そうし)され、八幡大神は伊勢(いせ)の神宮とともに「二所宗廟(にしょのそうびょう)」と仰がれ、また武士階級の守護神として崇敬されるに至った。そのため八幡大神は全国各地に祀られ、現在約2万4000社の八幡宮の総本社である。これは八幡大神の神意は託宣によって示されるという特色にも起因する。旧官幣大社。例祭(宇佐祭)は3月18日。2月13日の鎮疫祭(心経会(しんぎょうえ))、7月31~8月2日の神幸祭、10月9~11日の仲秋祭(放生会(ほうじょうえ))がおもな神事。本殿は八幡造の祖型とされ国宝に、境内は国の史跡に指定されている。社宝としては征西将軍懐良(かねよし)親王奉納の白鞘(しらさや)入剣、天復銘の古鏡、銅鐘(朝鮮鐘)などが重要文化財に指定されているほか、宇佐大鏡、『宇佐八幡宮託宣集』をはじめ、到津(いとうづ)・永弘(ながひろ)・小山田(おやまだ)文書、境内古図があげられる。[二宮正彦]

宇佐八幡宮領

一般に有力神社領は神郡(しんぐん)、封戸(ふこ)、荘園(しょうえん)に区分されるが、宇佐八幡宮の場合、神郡が存在したことを示す明確な史料はない。封戸を初めて給されたのは740年(天平12)のことで、藤原広嗣(ひろつぐ)の乱平定の祈請(きせい)に対する報賽(ほうさい)として20戸が与えられた。『続日本紀(しょくにほんぎ)』には750年(天平勝宝2)、大仏造立助成の功により八幡大神に封800戸、位田80町、比売(ひめ)神に封600戸、位田60町が寄進されたことが記されている。その後、封戸の返納、回復を繰り返したが、『新抄格勅符抄(しんしょうきゃくちょくふしょう)』には798年(延暦17)、宇佐八幡宮の封戸として1410戸があげられている。平安時代に入ると、これらの封戸は徐々に荘園化し、「十郷三箇荘」とよばれるようになった。十郷とは豊前(ぶぜん)国宇佐郡の封戸(ふべ)、向野(むくの)、高家(たけい)、辛島(からしま)、葛原(くずはら)、下毛(しもげ)郡の大家(おおえ)、野仲(のなか)、豊後(ぶんご)国国東(くにさき)郡の安岐(あき)、武蔵(むさし)、来縄(くなわ)の各郷で、三箇荘とは豊後国緒方(おがた)荘と日向(ひゅうが)国の宮崎(みやざき)荘、臼杵(うすき)荘である。以上の封戸の系譜を引く荘園のほかに、平安中期以降、「本御荘十八箇所」とよばれる荘園群が一円荘(いちえんしょう)として成立した。このほか各地域の領主が開発し寄進した「国々散在常見名田(くにぐにさんざいつねみみょうでん)」があり、これらを合計すると宇佐宮領は九州一円に120か所余り分布していたことになる。これらの社領は南北朝期以降、武士の押領(おうりょう)により有名無実のものとなり、太閤(たいこう)検地による石高(こくだか)制の成立によって最終的に消滅したが、1646年(正保3)徳川家光(いえみつ)の朱印状により1000石が保証され、近世の社領が確立した。[海老澤衷]
『中野幡能著『八幡信仰史の研究』上下(増補版・1975・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇佐神宮の言及

【神社建築】より

…そして,一般にこの両社本殿が流造の典型とみなされてきた。
[八幡造]
 住吉造と並ぶ二室神殿として宇佐神宮本殿を代表とする八幡造がある(図6)。外観を見ると2棟の切妻造平入りの建物が前後に接続した形であるが,両殿の中間を相の間として建物のなかに取りこみ,相の間を前殿と一体として扱うので内部は連続する2室となる。…

【八幡宇佐宮御託宣集】より

…1313年(正和2)宇佐弥勒寺学頭僧神吽(しんうん)の撰した宇佐神宮の縁起書。16巻。…

【八幡信仰】より

…八幡神に対する信仰。大分県宇佐市に鎮座する宇佐神宮(八幡宮)に起こり,日本で最も普及した神社信仰である。しかしその発生発達は複雑で,古来諸説が多く,海神,鍛冶神,ヤハタ(地名)神,幡を立ててまつる神,秦氏の氏神,焼畑神,ハルマンhalmang(朝鮮語の〈婆さん〉の俗語)の神(姥神)などといわれてきた。…

※「宇佐神宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇佐神宮の関連キーワード大分県宇佐市北宇佐大分県宇佐市熊大分県宇佐市黒大分県宇佐市閤大分県宇佐市末大分県宇佐市高森大分県宇佐市中大分県宇佐市灘大分県宇佐市山大分県宇佐市山本

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇佐神宮の関連情報