コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐美定満 うさみ さだみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐美定満 うさみ-さだみつ

1489-1564 戦国時代の武将。
延徳元年生まれ。越後(えちご)(新潟県)琵琶島(びわじま)城主。宇佐美流軍学の祖。上条(じょうじょう)上杉氏に属し,長尾為景とたたかい敗走。のち為景の子景虎(上杉謙信)の軍師となる。永禄(えいろく)7年7月5日長尾政景と野尻池で舟遊び中に溺死した。76歳。定満が政景を殺したともいわれる。名ははじめ定行,別に良勝。著作に「武経要略巻」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇佐美定満の関連キーワード宇佐美定行宇佐美勝興戦国時代琵琶島城

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇佐美定満の関連情報