コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙の泡構造 うちゅうのあわこうぞうbubblelike structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇宙の泡構造
うちゅうのあわこうぞう
bubblelike structure

1986年にハーバード大学の観測チームは,10年にわたる銀河の赤方偏移掃天観測の結果を発表し,奥行約5億光年にわたる銀河分布を示した。それによると銀河は直径約1億光年の泡のようなものの表面上に分布し,泡内部の銀河の存在しない空洞 (ボイド) は丸く互いに押合うように連なっているという。ゲラーらの観測以前にも大きな構造の存在は示唆されていたが,1100個もの大量の銀河のデータによってそれを示したのは彼女らの功績である。ゲラーらは引続き 89年には 3962個の銀河分布を発表し,銀河の大構造,グレートウォール (万里の長城) の存在を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うちゅう‐の‐あわこうぞう〔ウチウ‐あわコウザウ〕【宇宙の泡構造】

宇宙の大規模構造

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うちゅうのあわこうぞう【宇宙の泡構造】

宇宙における銀河集団の分布構造。銀河や銀河の集合体は直径約一億光年の空洞な泡状の形に集まっており、さらにこれらの泡状のものが縦横に連なっているというもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宇宙の泡構造の関連キーワード宇宙