コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙産業 うちゅうさんぎょう

大辞林 第三版の解説

うちゅうさんぎょう【宇宙産業】

ロケット・人工衛星・エレクトロニクス機器など、宇宙開発に必要な資材や機器の製作に当たる産業。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宇宙産業の言及

【航空宇宙工業】より

…航空宇宙工業は本来航空機工業として発達してきたが,航空機技術の進歩によりミサイルロケット,宇宙機器が登場するに及び,それらを含めて航空宇宙工業と称されるようになった(ただし,日本では通常ミサイルなどは含めない)。航空機工業は,おもに航空機体,エンジン,部品,装備品,関連器材,原材料等を製造する産業のことをいい,宇宙工業(宇宙産業)はロケットや人工衛星など宇宙空間の特性を利用する機器を生産する工業を指す。
[歴史的概観]
 航空機は第1次大戦で軍用に盛んに使用されることになった。…

※「宇宙産業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇宙産業の関連キーワードヒューストン(アメリカ合衆国)サクラメント(アメリカ合衆国)フリードリヒスハーフェンJAXAの長期ビジョンディスモア オルター宇宙航空研究開発機構ハンティントンビーチ全米自動車労働組合ロケットシステムワシントン(州)シテドレスパス宇宙政策委員会岐阜県各務原市ユーロスペースワシントン大学ロスコスモスチタン精錬業総合特区制度航空宇宙工業サクラメント

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙産業の関連情報