コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川玄中 うだがわ げんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川玄中 うだがわ-げんちゅう

?-1708 江戸時代前期-中期の医師。
宇田川道紀(みちのり)の祖父。武蔵(むさし)足立郡小台(おだい)村(東京都足立区)の豪農。医学をこころざし,弟に家をゆずり,江戸にでて漢方医となった。宝永5年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇田川玄中の関連キーワードダオメー王国ルニャールダオメー王国マゼーパ華夷通商考和算傾城反魂香シドッチ和算と算額堀場製作所

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone