コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川道紀 うだがわ みちのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川道紀 うだがわ-みちのり

1710-1760 江戸時代中期の医師。
宝永7年生まれ。宇田川玄随の父。祖父宇田川玄中の代から江戸で漢方医を開業。宝暦2年美作(みまさか)(岡山県)津山藩医となり,江戸藩邸にすんだ。宝暦10年6月10日死去。51歳。字(あざな)は彦倫。通称は玄随。編著に「甲子(かっし)雑録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇田川道紀の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド片山兼山新版歌祭文田川移竹柳沢保経ボイス津打治兵衛(2世)宇田川玄随

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android