コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野八郎 うの はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野八郎 うの-はちろう

?-1863 幕末の武士。
摂津高槻(たかつき)藩(大阪府)藩士。脱藩して江戸にいく。老中安藤信正襲撃事件では幕府側に通じていたとみられ,文久3年1月13日江戸新橋で尊攘(そんじょう)過激派に殺された。号は東桜

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宇野八郎の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグウィグモアエルギン小松小太郎ハッパーヘーフェル

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android