過激派(読み)かげきは(英語表記)the extreme left

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過激派
かげきは
the extreme left

その思想や行動の過激性から日本政治の周辺におかれている政治勢力のうち,共産党や社会党日本労働組合総評議会など既成左翼を批判する形で生れた新左翼系運動組織を総称する呼び名。 1960年安保改定問題で全日本学生自治会総連合 (全学連) を指導した「ブント」 (共産主義者同盟) に始り,1960年代末の大学紛争の時代には多くの新左翼が運動をになった。しかし大学紛争の終結以後は,新左翼内部の主導権をめぐり内ゲバ事件を繰広げたほか,成田闘争や反大嘗祭闘争などでも武力行使を含むゲリラ闘争を展開しているが,勢力を減少させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

過激派

マルクスやレーニンなどの理論をもとに、革命で共産主義体制の実現を目指す集団。爆弾や時限式発火装置を使った暴力もいとわず、警察は「極左暴力集団」と呼ぶ。警察庁によると、ピークの1969年には約5万3500人いたが、現在は約2万人。

(2017-12-21 朝日新聞 朝刊 東京都心・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

かげきは【過激派】

過激な方法で、主義や理想を実現しようとする党派。急進派。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かげき‐は クヮゲキ‥【過激派】

〘名〙 過激な方法で、主義、理想を実現しようとする党派、グループ。急進派。過激党。
※東京横浜毎日新聞‐明治一八年(1885)一月七日「過激派の新聞紙は頻りに政府が不要の巡査及び兵隊を繰出して、〈略〉衆庶を激怒せしめしことを批難せり」
[語誌]明治期には radical party, ultraist の訳語として「過激党」があてられた。同じ意味で「過激派」の語も用いられるようになり、ロシア革命以降の記事で多用されたが、過激な行動をする集団という意味合いが加わり、昭和四〇年代(一九六五‐)の大学紛争でも使われた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の過激派の言及

【五・四運動】より

…1918年12月の北京の大戦祝勝会で,蔡元培が〈労働神聖〉を,李大釗が〈庶民の勝利〉を演説したのは,そのような社会思潮の反映だったが,同時に民主と科学が社会主義と結びつけられはじめたことの象徴でもあった。ロシア革命ないし働くものの社会に共感を示すようなものは,支配階級からは過激派(ボリシェビキの当時の訳語)とみなされていたが,五・四運動の経験をふまえて実際に中国の共産主義者の隊列が形成される。その中心となったのは,新文化運動の中心的指導者であり,五・四運動のなかで〈北京市民宣言〉を配布して逮捕投獄された陳独秀だった。…

※「過激派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過激派の関連情報