コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇野士朗 うの しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇野士朗 うの-しろう

1701-1732* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)14年生まれ。宇野明霞(めいか)の弟。病弱の兄にかわり,江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。兄とあわせて平安の二宇先生とよばれた。享保(きょうほう)16年12月23日死去。31歳。京都出身。名は鑒。字(あざな)ははじめ士茹。通称は亀千代,兵介。著作に「平安志」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宇野士朗の関連キーワード鳥山崧岳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android