平安(読み)ヘイアン

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① (形動) 無事でおだやかであること。変わったこともなくやすらかであること。つつがないこと。いつもかわらないこと。また、そのさま。無事。平穏。安穏。
※続日本紀‐神亀五年(728)一二月己丑「金光明経六十四帙六百巻頒於諸国、〈略〉為国家平安也」
※今昔(1120頃か)五「此の子共を師子に預け師子に預奉らむ。其の程其の程平安に護て置給へれば」 〔岑参‐逢入京使詩(三体詩)〕
② 封筒のあて名の脇付(わきつけ)に用いて、変事の知らせでないことを表わす語。
[2]
[二] 京都の別称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平安の関連情報