コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守り袋 マモリブクロ

デジタル大辞泉の解説

まもり‐ぶくろ【守り袋】

守り札を入れて身につけておく。おまもり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まもりぶくろ【守り袋】

守り札を入れて身につける袋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守り袋
まもりぶくろ

神社や寺で授ける護符を入れて身につけるための袋。錦(にしき)や金襴(きんらん)など高級な布地で華美につくられたものが多い。昔は各自でこしらえたが、現在は社寺で袋に入れたものが用意されている。古くは懸守(かけまもり)と称して、首に下げたり、帯を締めるときに腰につけたりしたもので、女性や子供が用いることが多かった。今日、服装の変化でこういうつけ方は少なくなったが、別に交通安全の守り袋などを自動車内につり下げたりする。[高野 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

守り袋の関連キーワード東結び・吾妻結び懸け守り・懸守り愛敬の守り守り・護り祝い着守り札東結び袋物守り懸守

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守り袋の関連情報