コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守口漬け もりぐちづけ

1件 の用語解説(守口漬けの意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

もりぐちづけ【守口漬け】


愛知県名古屋市名産の漬物で、愛知や岐阜で栽培される直径3cmほどの細長い大根、守口大根を塩で下漬けしたあと、酒かすに漬けたもの。酒かすの床を何度か取り替えながら漬け込み、酒かすとみりんかすを配合した漬け床で仕上げ漬けするものも多い。漬け上がりまで2年以上かかる。◇江戸時代、河内国守口(現大阪府守口市)付近で作られたかす漬けが守口漬けとして有名になり、原料となった細長い大根を守口大根と呼ぶようになったといわれる。大根や漬物は名称とともに当地の名物として定着した。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

守口漬けの関連キーワード愛知県名古屋市名東区一社愛知県名古屋市名東区香流愛知県名古屋市名東区上菅愛知県名古屋市名東区貴船愛知県名古屋市名東区香坂愛知県名古屋市名東区香南愛知県名古屋市名東区極楽愛知県名古屋市名東区八前愛知県名古屋市名東区藤森愛知県名古屋市名東区本郷

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

守口漬けの関連情報