コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安井曽太郎 やすい そうたろう

3件 の用語解説(安井曽太郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

安井曽太郎

洋画家。京都生。浅井忠に学ぶ。津田青楓の留学に同行し渡仏、ジャンポールローランスに師事した。のち石井柏亭有島生馬らと一水会を結成する。帝室技芸員芸術院会員。東京芸大教授。文化勲章受章。昭和30年(1955)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やすい‐そうたろう〔やすゐソウタラウ〕【安井曽太郎】

[1888~1955]洋画家。京都の生まれ。浅井忠に師事。渡仏してピサロセザンヌなどの影響を受ける。帰国後、二科会に参加、のち退会して一水会を結成。日本の風土に即しつつ、明るく近代感覚あふれる画風を確立した。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安井曽太郎
やすいそうたろう
(1888―1955)

洋画家。明治21年5月17日京都市生まれ。1904年(明治37)聖護院(しょうごいん)洋画研究所に入り、浅井忠(ちゅう)、鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)に学ぶ。2年後同研究所は関西美術院へと発展。07年渡仏してパリのアカデミー・ジュリアンで10年までジャン・ポール・ローランスに師事、その後自由研究に進み、ピサロやセザンヌの影響を受ける。イギリス、オランダ、ベルギー、イタリアを巡遊して14年(大正3)に帰国。翌年の第2回二科展に滞欧作を特別陳列し、二科会会員となる。その後制作上の苦悩期が続くが、ようやく昭和初めから風景画、肖像画、静物画の各分野に個性ある様式を打ち出し、日本の風土と対象に即しつつ近代感覚に満ちた造形領域を開く。35年(昭和10)帝国美術院会員となり、二科会を退会し、翌年同志と一水会を創立する。満州国美術展覧会審査のために二度中国大陸へ旅行。44年帝室技芸員となるほか、同年から52年まで東京美術学校(のち東京芸術大学)教授を務める。49年日本美術家連盟の創設に際して初代会長に推されるほか、国立近代美術館評議員としても美術界に尽力し、52年に文化勲章を受ける。昭和の洋画界に梅原(龍三郎(りゅうざぶろう))・安井時代を築き、主観主義的な近代写実絵画を確立した功績は大きい。昭和30年12月14日没。毎日美術賞追贈。56年に開催された遺作展の収益により、57年に安井賞が設定された。代表作『婦人像』『外房(そとぼう)風景』『金蓉(きんよう)』『深井英五氏像』『桃』ほか。[小倉忠夫]
『嘉門安雄著『安井曽太郎』(1979・日本経済新聞社) ▽富山秀男編『近代の美術42 安井曽太郎』(1977・至文堂) ▽富山秀男他著『現代日本美術全集10 安井曽太郎他』(1972・集英社) ▽富山秀男監修『安井曽太郎素描集』(1975・日動出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安井曽太郎の関連キーワード小林和作黒田重太郎田村月樵小林春樵尾崎正章岡本帰一小山三造佐川敏子高林和作渡辺与平

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安井曽太郎の関連情報