安全開架式(読み)あんぜんかいかしき(英語表記)safe-guarded open access system

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

開架書架と閲覧席が分離しており,利用者が開架書架から資料を持ち出すときに一定手続を必要とする閲覧方式盗難や紛失防止のための方式で,初期の安全開架は厳密なものであった.最近では自由開架式がほとんどとなっているが,図書館のロッカー使用はこの痕跡ともいえる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android