コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安勝 あんしょう An Sǔng

1件 の用語解説(安勝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あんしょう【安勝 An Sǔng】

朝鮮,高句麗末期の王族。生没年不詳。安舜ともいう。泉蓋蘇文の甥とも宝蔵王の外孫ともいう。668年の高句麗滅亡後,剣牟岑(けんぼうしん)は安勝を王に戴き遺民を率いて高句麗の再興を図ったが,唐軍に敗れて新羅に逃れた。新羅の文武王は彼らを金馬堵(全羅北道益山郡)に置き,安勝を高句麗王に封じ674年には報徳王とした。つづいて神文王は683年に彼を都の慶州に移し,金氏の姓と蘇判の位階を授けたが,遺民は金馬堵で反乱して敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安勝の関連キーワード日観衛満高麗劉徽上泉秀綱高句麗もくり遁げる雪村蒙古高句麗美女媛高句麗古墳群

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安勝の関連情報