コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安勝 あんしょうAn Sǔng

世界大百科事典 第2版の解説

あんしょう【安勝 An Sǔng】

朝鮮,高句麗末期の王族。生没年不詳。安舜ともいう。泉蓋蘇文の甥とも宝蔵王の外孫ともいう。668年の高句麗滅亡後,剣牟岑(けんぼうしん)は安勝を王に戴き遺民を率いて高句麗の再興を図ったが,唐軍に敗れて新羅に逃れた。新羅の文武王は彼らを金馬堵(全羅北道益山郡)に置き,安勝を高句麗王に封じ674年には報徳王とした。つづいて神文王は683年に彼を都の慶州に移し,金氏の姓と蘇判の位階を授けたが,遺民は金馬堵で反乱して敗れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

安勝の関連キーワード長崎県諫早市金谷町勝山(福岡県)小丸山城前田利太本多月楽沢海藩板倉町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android