安威了佐(読み)あい りょうさ

朝日日本歴史人物事典の解説

安威了佐

生年:生没年不詳
豊臣秀吉の右筆,奏者。摂津守,五左衛門。洗礼名シモン。天正12(1584)年ごろキリスト教に改宗。同14年イエズス会準管区長コエリョの大坂城訪問時に接待役を務め,翌15年博多での伴天連追放令発令前夜に彼を尋問した。生存は慶長16(1611)年まで確認される。なおリスボン国立図書館にある屏風の内張り文書には彼宛の書状8点が見いだされる。<参考文献>中村質『近世長崎貿易史の研究』

(五野井隆史)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android