コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂城 おおさかじょう

4件 の用語解説(大坂城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

おおさかじょう【大坂城】

大阪府大阪市中央区にあった平城(ひらじろ)。江戸時代に徳川幕府が天下普請で豊臣大坂城の旧跡に築城。国特別史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。1496年(明応5)、石山の地に本願寺8世蓮如(れんにょ)が坊舎を建立したのが始まりで、戦国時代には石山本願寺が置かれていた。周囲に濠をめぐらした城郭寺院で、織田信長に攻められても容易に落ちなかった。和議を結んで紀州(和歌山県)鷺森(さぎのもり)に移った石山本願寺の跡地に築城されたのが、天下の名城として名を馳せた大坂城だった。しかし1615年(元和1)、大坂城は大坂夏の陣で豊臣秀頼とともに灰塵に帰した。豊臣氏滅亡後、松平忠明(ただあきら)が大坂に入り整備にあたったが、1619年(元和5)幕府直轄領となり、翌1620年(元和6)から大坂城築城が開始された。豊臣色を払拭するとともに、西国の軍事拠点として、豊臣氏時代の大坂城を地下に埋め尽くしその上に徳川大坂城を築くもので、ようやく完成したのは1630年(寛永7)である。大坂城の魅力の一つは石垣の美しいことで、巨大な石を用いた高さ30mの石垣は日本最大。築城には40万個の石が使われたといわれる。城跡は大阪城公園となり、大手門・多聞櫓(たもんやぐら)・千貫(せんがん)櫓・乾(いぬい)櫓・一番櫓・六番櫓・金蔵・焔硝(えんしょう)櫓・金明水(きんめいすい)井戸屋形・桜門(以上重要文化財)、内堀・石垣などが残っている。5層5階の大天守は1665年(寛文5)に落雷のため焼失し、現在のものは1931年(昭和6)に復興されたものである。JR大阪環状線大阪城公園駅または森ノ宮駅、地下鉄天満橋駅または森ノ宮駅、谷町四丁目駅から徒歩15~20分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐じょう〔おほさかジヤウ〕【大坂城/大阪城】

大阪市中央区にある城。豊臣秀吉石山本願寺跡に、天正11年(1583)から3年かけて築いた。名古屋城熊本城とともに三名城の一。元和元年(1615)大坂夏の陣で落城し焼失。江戸時代に再建され、幕府の直轄で城代を置いた。その後、数度の火災と修築を経て明治元年(1868)大部分を焼失。昭和6年(1931)天守閣を復興。金城。錦城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大坂城【おおさかじょう】

豊臣秀吉が築いた城。大阪市中央区にあった。金(錦)城(きんじょう)とも。1583年秀吉は石山本願寺大坂御坊)跡に諸大名に命じ数万の人夫を徴発,3年を費やして周囲約4里に及ぶ壮大な城を構築。
→関連項目上町台地大阪[府]大阪[市]大坂定番神戸港摂津国中央[区]天王寺天満青物市場徳川家茂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂城
おおさかじょう

戦国期から江戸期の城。大阪市中央区大阪城にある。金城(錦城)(きんじょう)ともいい、明治以後は大阪城と書かれる。南から北に延びた高さ20メートルほどの台地が淀川(よどがわ)流域の低地に突き出た北端(上町台地(うえまちだいち))に位置し、大和川(やまとがわ)がその東を巡り、三面を水に囲まれた要害の地に築かれていた。城は歴史的にみて、石山本願寺の時代、豊臣(とよとみ)氏の時代、徳川氏の時代の3期に分けられる。1496年(明応5)蓮如(れんにょ)がここに別院を設けたのに始まり、1532年(天文1)山科本願寺(やましなほんがんじ)が焼き討ちされたあと、10世証如(しょうにょ)によって本願寺がここに移された。証如は加賀から城づくりを呼び寄せ、堀を掘り塀を巡らせ、城塞(じょうさい)と化したのである。そのため石山本願寺は石山城ともよばれた。のち本願寺は天下統一途上の織田信長と対立し、武田信玄(たけだしんげん)、毛利元就(もうりもとなり)、浅井長政(あさいながまさ)らと結んで信長と戦い、1570年(元亀1)から10年間にわたって信長を苦しめることになるが、これを普通、石山合戦とよんでいる。1580年(天正8)和議が結ばれ本願寺は石山寺を退去し、信長は池田恒興(いけだつねおき)に守らせていたが、本能寺(ほんのうじ)の変(1582)ののち、この地の経済上、地理上の位置に着目した豊臣秀吉によって翌1583年三十数か国から数万の人夫を動員して大修築工事が行われ、1585年ほぼ完成したのである。本丸、二の丸、三の丸のほか、のちには外郭(総構(そうがまえ))を整備し、天下統一の覇者にふさわしい大城郭で、本丸には五層八重の天守閣が建てられていた。秀吉が伏見城(ふしみじょう)に移り病没したあと、子の秀頼(ひでより)が継いだが、1614年(慶長19)大坂冬の陣が起こり、そのときの講和条件によって、総構の堀、三の丸の堀はもとより、二の丸大手の堀まで埋められてしまい、本丸だけを残す裸城となってしまった。ついで翌1615年(元和1)の夏の陣では天守閣以下の建物が次々と焼け落ち、城は落城し、豊臣氏は2代で滅亡したのである。
 その後、城には徳川家康の外孫松平忠明(ただあきら)が10万石で入ったが、幕府は1619年ここを直轄地とすると同時に大修築を加えることになった。このとき幕府は、豊臣氏時代の大坂城の上に約10メートルほどの土盛りをし、石垣もすべて埋めてしまったうえで、まったく新しい縄張りで徳川氏の大坂城を築き上げている。したがって、現在目にする城の遺構はすべて徳川氏の手による大坂城である。城には大坂城代が置かれ、明治維新に至った。なおその間、1660年(万治3)青屋口の火薬庫に落雷して多大の被害があり、1665年(寛文5)には天守閣に落雷して焼失してしまった。現在ある復興天守は1931年(昭和6)に豊臣氏時代の天守を模造してつくられたものである。現存の櫓(やぐら)としては西の丸の千貫櫓(3層)、乾櫓(いぬいやぐら)、二の丸の一番櫓、六番櫓などがあり、石造りの火薬庫としては全国唯一の焔硝蔵(えんしょうぐら)もあり、また大坂城の見どころともなっている巨石群(蛸石(たこいし)、肥後石)などがあり、1万5000個を超えるという石垣刻印も随所にみられる。[小和田哲男]
『桜井成広著『豊臣秀吉の居城――大阪城編』(1970・日本城郭資料館出版会) ▽岡本良一編『大坂城の諸研究』(1982・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大坂城の関連キーワードいずみホールNHK大阪ホール大阪市中央体育館大阪松竹座大阪タカシマヤ大阪市立大阪城音楽堂心斎橋BAL

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大坂城の関連情報