安定多数(読み)アンテイタスウ

デジタル大辞泉 「安定多数」の意味・読み・例文・類語

あんてい‐たすう【安定多数】

与党が、安定した国会運営を行うために必要な議席数。特に、衆議院で、すべての常任委員会委員長を独占し、かつ、各委員会で委員の半数を確保するのに必要な議席数。→絶対安定多数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「安定多数」の意味・わかりやすい解説

安定多数
あんていたすう

政府・与党が安定した国会運営を行なうために必要な議席数。具体的には,与党が議長を確保し,すべての常任委員会の委員長ポストを占めることに加え,すべての常任委員会で委員数が野党同数となる議席数を指す。衆議院の場合,271議席が安定多数となる。ほかにすべての常任委員会で多数となる絶対多数 287や予算委員会で多数を確保する 264など,選挙では,257の単純過半数にいかに上乗せできるかが国会運営の在り方を決定する上で注目の的となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android