コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆伝 カイデン

デジタル大辞泉の解説

かい‐でん【皆伝】

芸能・武術などの道で、師からその流派の奥義をすべて教えられること。奥許し。「免許皆伝の腕前」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいでん【皆伝】

( 名 ) スル
武道や芸事などで、師からその道の奥義をすべて伝えられること。奥許し。 「免許-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皆伝
かいでん

技芸の諸道で行われた伝授の方式で、多年の稽古(けいこ)修業の功成(な)り、師家から流儀の奥義、秘事口伝(ひじくでん)などを伝授されて、相伝の証状(免状)を授与されること。免許皆伝ともいう。中世に成立した書、和歌、連歌、能楽、花、茶などの諸芸道では、それぞれの伝授方式をたてたが、父子相伝という世襲制から実力主義の師弟相伝へと移行拡大していくのが一般的傾向であった。近世初頭に成立した流派武術でも、それぞれの流祖や先師らが創意工夫した技法や術理を組み立てて、形(かた)、切組(きりぐみ)、習(ならい)などに体系化し、初伝(切紙(きりがみ))、中伝(目録)、極意(免許)、皆伝(印可)など数次の段階を設け、それぞれの誓詞を差し出させて、証状を授与した。なかには、皆伝者にも教授の範囲を制限して指南(しなん)免許の発行権を宗家(そうけ)が掌握したり、一子相伝の秘事を設けて宗家相続者に限定するものもあったが、幕末には新流が台頭して、多層化した相伝方式を簡素化し、武術本来の姿に近づけようとする動きが強まった。[渡邉一郎]
『桑田忠親著『日本の芸道六種』(中公新書) ▽渡邉一郎著『式芸・修業』(『日本古文書学講座8 近世編』所収・1980・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皆伝の関連キーワード林 喜右衛門(10代目)戸賀崎熊太郎(初代)渋川伴五郎(初代)千宗左(10代)橋本 啓三郎須見 千次郎菊田 八重一津田 青寛島田虎之助秋山多吉郎菊県 琴松佐藤彦五郎森弾右衛門得能関四郎江戸千家流清水 隆次鈴木知足庵渋川伴五郎富森 虚山秋山 宗古

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皆伝の関連情報