天満屋

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

天満屋

1829年、伊原木茂兵衛が岡山・西大寺に天満屋小間物店を開いたのが始まり。1918年に株式会社化し、36年に地下1階地上6階の岡山店が完成した。戦後は岡山店にバスターミナルを設けるなどユニークな店舗経営が注目を集め、広島・八丁堀など県外へも積極的に展開。傘下にホテルなどもあり、女子陸上競技部の活躍でも知られる。岡山県知事の伊原木隆太氏は前社長。

(2014-04-22 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

天満屋

正式社名「株式会社天満屋」。英文社名「Tenmaya Co., Ltd.」。小売業。文政12年(1829)創業。大正7年(1918)「天満屋株式会社」設立。昭和3年(1928)現在の社名に変更。本社は岡山市北区表町。百貨店。岡山・広島県を中心に店舗展開。世界レベルの選手を多数輩出する女子陸上競技部でも有名。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天満屋の関連情報