コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安房直子 あわ なおこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安房直子 あわ-なおこ

1943-1993 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和18年1月5日生まれ。日本女子大に在学中から山室静に師事する。一貫して幻想的な作品をかき,昭和48年「風と木の歌」で小学館文学賞,57年「遠い野ばらの村」で野間児童文芸賞,60年「風のローラースケート」で新美南吉児童文学賞。平成5年2月25日死去。50歳。東京出身。本名は峰岸直子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安房直子の関連キーワードうさぎのくれたバレエシューズ花豆の煮えるまで 小夜の物語はるかぜのたいこローラースケートうさぎ屋のひみついぬいとみこ速名美佐子中川李枝子灰谷健次郎今江祥智神沢利子寺村輝夫山中恒峰岸明

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安房直子の関連情報