コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山室静 やまむろしずか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山室静
やまむろしずか

[生]1906.12.15. 鳥取,鳥取
[没]2000.3.23. 長野,佐久
文芸評論家。長野県佐久市で育ち,旧制野沢中学校を卒業後,小学校教員,編集者など各種の職業についたのち,1941年東北帝国大学美学科を卒業。若い頃からレフ・N.トルストイピョートル・A.クロポトキン小川未明有島武郎などを読み,ヒューマニズムに基づいた社会主義思想に感化された。J.P.ヤコブセンやアーダルベルト・シュティフターを翻訳し,ラビーンドラナート・タゴールの詩集を紹介するなど,個人の内面に目を向けた独自の思想を深めた。第2次世界大戦後は小諸市で青少年教育のための高原学舎を興した。1946年埴谷雄高平野謙らの『近代文学』の創刊に参加,上京後は文芸評論家として活躍し,日本女子大学教授を務めた。北欧文学やトーベ・ヤンソンの「ムーミン」シリーズなどの童話,アイスランドの民話(→アイスランド文学)などを翻訳,紹介してヨーロッパ理解のかたよりを正した。『山室静著作集』(全 6巻,1972~73,平林たい子文学賞)や『アンデルセンの生涯』(1975,毎日出版文化賞)など多数の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまむろ‐しずか〔‐しづか〕【山室静】

[1906~2000]文芸評論家。鳥取の生まれ。はじめプロレタリア文学に傾倒するが、のち転向。雑誌「近代文学」創刊に参加。北欧文学に深い関心をもち、ヤンソンの童話「ムーミン」シリーズなど、多数の翻訳書を残した。著「北欧文学の世界」「アンデルセンの生涯」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山室静【やまむろしずか】

評論家。鳥取県生れ。東北大美学科卒。プロレタリア科学研究所本多秋五らを知り,神崎清らと《クオタリイ日本文学》創刊,マルクス主義文学観に立脚した評論活動を行うが,やがて離れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山室静 やまむろ-しずか

1906-2000 昭和-平成時代の文芸評論家。
明治39年12月15日生まれ。昭和11年本多秋五らと「批評」を,21年平野謙,埴谷雄高(はにや-ゆたか)らと「近代文学」を創刊し,ヒューマニズムの視点から内面的な価値を追求する文芸批評を展開。北欧文学,ヤンソンの童話シリーズ「ムーミン物語」の翻訳・紹介で知られる。50年「アンデルセンの生涯」で毎日出版文化賞を受賞。日本女子大教授もつとめた。平成12年3月23日死去。93歳。鳥取県出身。東北帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山室静
やまむろしずか
(1906―2000)

文芸評論家。鳥取市に生まれ、長野県佐久で育ち、野沢中学(現野沢北高校)を卒業。山室家は信州・岩村田藩の家臣。父は大沼枕山(ちんざん)の系統を引く漢詩人。初め郷里で代用教員、上京後岩波書店などに勤め、ついでプロレタリア科学研究所に入り本多秋五(しゅうご)、平野謙(けん)を知る。彼らを誘い『批評』(1936)を創刊。30歳を過ぎて東北帝大法文学部に入り阿部次郎や岡崎義恵(よしえ)に学ぶ。公式的なマルクス主義を脱し評論集『現在の文学の立場』(1939)を刊行。『構想』『現代文学』同人を経て、第二次世界大戦後は『近代文学』同人。同時に信州の農村の青少年を対象にユニークな「高原学舎」の建設に力を入れ、さらに季刊文芸誌『高原』をも発行。北欧の童話・民話にも深い関心をもち、『北欧文学の世界』(1969)などを刊行。現場の文芸評論家というよりも、それと一歩の距離をつねに保持、後衛としての内部の声を表現した。詩人、エッセイストでもあり、『アンデルセンの生涯』(1975)で毎日出版文化賞を受賞した。[紅野敏郎]
『『山室静著作集』全6巻(1972~73・冬樹社) ▽『山室静自選著作集』全10巻(1992~93・郷土出版社) ▽『アンデルセンの生涯』(社会思想社・現代教養文庫) ▽『北欧文学の世界』(1987・東海大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山室静の関連キーワードクヌーセン(Jacob Christian Knudsen)ヤコブセン(Jens Peter Jacobsen)ムンク(Kaj Munk)飢え(ハムスンの小説)スノッリ・スツルソンニールス・リーネラーゲルレーブノンニの冒険ビョルンソンヨルゲンセン絵のない絵本サイムンドルスウェンソン本多 秋五痴人の告白戦後派文学神津邦太郎安房 直子ブリッカーインゲマン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山室静の関連情報