コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安摩・二の舞 あま・にのまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安摩・二の舞
あま・にのまい

舞楽の曲名。壱越 (いちこつ) 調の曲。安摩二の舞は常に対をなして舞われる。まず安摩において舞人2人が和紙に抽象的な人の顔を描いた雑面 (ぞうめん) をつけて,姿おかしくかつ優雅に舞い降台,引続いて二の舞で,年老いた男女2人 (男は笑面〈えみめん〉,女は腫面〈はれめん〉) が登場し,安摩の舞をまねながら舞うが,うまくまねられず滑稽なしぐさをする。伴奏楽器は笛と打物のみで,音楽,舞振,装束,面などの点で,舞楽のなかでも特殊な舞である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

安摩・二の舞の関連キーワード乱声

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android