雑面(読み)ぞうめん

  • ぞうめん ザフ‥
  • 雑面・造ザウ面・蔵ザウ面

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雅楽面の一つ。舞楽の「蘇利古(そりこ)」「案摩(あま)」などで用いる長方形の白い厚紙(後世はその表に白絹を張る)の表面に、目、鼻、口などを墨で象徴的に描き、目を三角形に切り抜いたもの。
※歌儛品目(1818‐22頃)一〇「造面、又雑面に作る。厚き白紙の、竪長にして方なるを以て製す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑面の言及

【蔵面】より

…雑面とも書く。白い長方形の布または紙の一面に,墨で図案化した面貌を描いたもので,舞楽の曲目中の《安摩(あま)》や《蘇利古(そりこ)》《古鳥蘇(ことりそ)》などに使用する。…

※「雑面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android