コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安摩/案摩 アマ

3件 の用語解説(安摩/案摩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま【安摩/案摩】

雅楽の舞曲。唐楽。壱越(いちこつ)調の曲。二人舞(時に一人舞)で、舞人は笏(しゃく)を持ち、巻纓冠(けんえいかん)に安摩の面(おもて)をつける。答舞(とうぶ)の「二の舞」を伴う。安摩の舞。→二の舞

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あま【安摩】

雅楽,舞楽の曲名。案摩,阿真とも書く。唐楽。壱越(いちこつ)調。二人舞。文(ぶん)ノ舞(平舞)。陰陽地鎮の曲ともいわれる。番舞(つがいまい)は《蘇利古》。左方襲(かさね)装束(常装束とも)に巻纓(けんえい)・緌(おいかけ)の冠,雑面(ぞうめん)をつけ,右手に笏(しやく)を持って舞う。《安摩》だけ独立して舞われることはほとんどなく,《二ノ舞》と続けて舞われ,《二ノ舞》は《安摩》の答舞の型となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安摩
あま

雅楽の曲名。左方の二人舞の舞楽で、『二ノ舞』という滑稽(こっけい)な番舞(つがいまい)を伴う。別名『陰陽地鎮曲』。聖武(しょうむ)朝736年(天平8)に林邑(りんゆう)僧仏哲が伝えたという林邑八楽の一つで、インドか中央アジア伝来の曲と思われる。楽書には、仁明(にんみょう)朝(833~850)に楽人大戸清上(おおとのきよがみ)が勅命によって改作したという記述もある。舞の装束は襲(かさね)装束または蛮絵(ばんえ)装束に巻纓(けんえい)の冠をつけ、右手に笏(しゃく)を持つ。特徴的なのは雑面(ぞうめん)(蔵面、造面とも)と称する面で、長方形の白絹に耳、目、鼻、口が象徴的に描かれている。この面はインドの女神ドゥルガーに由来するともいわれる。楽曲は壱越(いちこつ)調、古楽の中曲。全体は安摩、静(しず)安摩、囀(さえずり)、早(はや)安摩の4部からなる。調子と音取(ねとり)のほかは、横笛(おうてき)の乱声(らんじょう)(安摩乱声)と打物(うちもの)(壱鼓(いっこ)、鉦鼓(しょうこ)、太鼓)のみで奏し、明確な旋律をもたない。とくに囀の部分は伴奏がなく、一種のパントマイムと化する。『二ノ舞』も同じく横笛と打物の伴奏で、咲面(さきめん)と腫面(はれめん)と称する醜い爺(じじ)と婆(ばば)の面を使う。舞人2人は、退場する『安摩』の舞人に笏を乞(こ)いながら登場し、『安摩』の舞を調子はずれに模倣する。これは雅楽には珍しく軽妙な性格のもので、一般に前の人の失敗を繰り返すことを「二の舞を踏む」という語の出所となった。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の安摩/案摩の言及

【もどき】より

…芸能では主役のまねをしたり,からかったりする道化の性格をもつ役や曲をいう。たとえば御神楽(みかぐら)の人長(にんぢよう)と才男(さいのお),能の《》と《三番叟》を,神ともどきの関係としてみることができるし,舞楽の《二ノ舞》は,《安摩(あま)》の答舞の形をとって《安摩》をまねて舞われるが,これは《安摩》に対するもどきである。民俗芸能では,長野県下伊那郡阿南町新野(にいの)の雪祭に登場する〈さいほう〉という神の後に〈もどき〉という面役が〈さいほう〉の所作をおもしろおかしく演じてみせ,静岡県磐田郡水窪(みさくぼ)町の西浦(にしうれ)田楽では,《地固め》《つるぎ》《高足(たかあし)》など庭清めの演目に〈もどきの手〉があり,繰り返し前曲を演じる。…

※「安摩/案摩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone