古語拾遺(読み)コゴシュウイ

デジタル大辞泉 「古語拾遺」の意味・読み・例文・類語

こごしゅうい〔コゴシフヰ〕【古語拾遺】

平安時代家伝。1巻。斎部広成いんべのひろなり撰。大同2年(807)成立。中臣なかとみ氏に押された斎部氏が、その勢力挽回ばんかいを図って、同氏の事跡を漢文で記し、平城へいぜい天皇に献じたもの。上代史研究の貴重な資料。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「古語拾遺」の意味・読み・例文・類語

こごしゅういコゴシフヰ【古語拾遺】

  1. 平安前期の家伝。一巻。斎部(いんべ)広成著。大同二年(八〇七)成立。中臣氏に押されて衰運にあった斎部氏の勢力挽回をはかるため、斎部家伝来の記録をもとに、国生みから文武天皇までの事跡を述べ、斎部氏の地位功績が大きいことを力説して平城天皇に献じたもの。記紀に見えない古伝説もあり、上代研究の貴重な史料とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「古語拾遺」の意味・わかりやすい解説

古語拾遺 (こごしゅうい)

平安初期に書かれた歴史書。著者は斎部広成(いんべのひろなり)。1巻。807年(大同2)2月13日完成。忌部(斎部)氏は大和朝廷時代には中臣氏と並んで祭祀を担当していたが,大化改新後は中臣氏から藤原氏が出て政界で有力になると,中臣氏も奈良時代には祭祀関係の要職を独占するようになった。これを歎いた広成は,806年8月に幣帛使の任命をめぐって中臣氏と争い,平城天皇から下問のあったのを機会に,一族の長老として自氏の伝承をまとめ,天皇に献上したのが本書である。内容は朝廷の祭祀の由来や変遷を主題とし,《古事記》や《日本書紀》と同じ系統の伝承に,忌部の分布や三蔵(斎蔵,内蔵,大蔵)の分立など,忌部氏独自の伝承を加え,祭祀における忌部の役割の重要性を強調している。記紀を補って日本の神話や祭祀の研究に有用な一資料。《群書類従》などに所収。またフロレンツK.Florenzの独訳(1919),加藤玄智・星野日子四郎の英訳(1926)がある。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「古語拾遺」の意味・わかりやすい解説

古語拾遺【こごしゅうい】

斎部広成(いんべのひろなり)著の歴史書。1巻。807年成立。朝廷の祭祀をつかさどっていた忌部(いんべ)(斎部)氏は大化改新後中臣(なかとみ)氏に押されて勢いが振るわなかったため,衰運回復を図って天地開闢(かいびゃく)から天平(てんぴょう)年間までの祖先の功業を記した。正史に漏れた記事を含み,古代史研究上貴重。→忌部氏
→関連項目斎部広成大国主神内蔵寮三蔵(歴史)先代旧事本紀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「古語拾遺」の意味・わかりやすい解説

古語拾遺
こごしゅうい

古代の氏族である斎部(いんべ)氏の由緒を記した歴史書。斎部広成(ひろなり)の撰述(せんじゅつ)で、807年(大同2)に成立。祭祀(さいし)を担当した斎部氏が、同様の職掌に携わっていて勢いを強めた中臣(なかとみ)氏に対抗して、正史に漏れている同氏の伝承を書き記したもの。本書は、正確にいうと、斎部氏によって提出された愁訴(しゅうそ)状であって、『古語拾遺』は後人による命名。伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)の二神の国生みと、神々の誕生神話から筆をおこし、757年(天平宝字1)の時代までのことが記述されており、斎部氏の氏族伝承をはじめ、記紀に並ぶ古代史の貴重な文献である。

[佐伯有清]

『安田尚道・秋本吉徳校註『古語拾遺・高橋氏文』(1976・現代思潮社・新撰日本古典文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「古語拾遺」の意味・わかりやすい解説

古語拾遺
こごしゅうい

平安時代前期の歴史書。斎部広成 (いんべのひろなり) 著。1巻。大同2 (807) 年成立。神代以降,奈良時代の天平年間 (729~749) にいたるまでの歴史を略述し,斎部氏が神事に奉仕してきた由来を述べ,さらに当時の朝廷の祭祀の不備な事項 11条をあげ,斎部氏に対する不当な処遇を訴えている。平城天皇に献上された。大同1年8月に勅命をもって決着した幣帛 (へいはく) 使になる権利をめぐる中臣氏との争いに関連して書かれたもの。みずからの氏族に関する部分には誇張,付会,歪曲が少なからずあるとみられるが,『日本書紀』などに漏れた伝承や事績などを知るうえに貴重である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「古語拾遺」の解説

古語拾遺
こごしゅうい

斎部広成(いんべのひろなり)が807年(大同2)に著した歴史書。斎部氏は中臣氏と並び古くから朝廷の祭祀を管掌してきたが,大化の改新以降,中臣氏からでた藤原氏が政界で有力になるにしたがい,神祇関係の要職は中臣氏が独占するようになった。広成はこのような状態を嘆き,806年に幣帛使(へいはくし)の任命を中臣氏と争ったのを機に,斎部氏の立場からの史書を編み,平城天皇に献上した。神代から文武朝までの記事とそれ以降の補足的記述からなり,「日本書紀」「古事記」に漏れた伝承が少なくなく,日本の神話や古代史研究上の重要史料である。「群書類従」「岩波文庫」所収。ドイツ語訳や英語訳もある。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「古語拾遺」の解説

古語拾遺
こごしゅうい

平安初期,斎部広成 (いんべのひろなり) 撰の歴史書
807年成立。1巻。朝廷の祭祀に携わっていた斎部(忌部)氏が藤原(中臣)氏に圧倒されたため,それに対抗して神代以来の祖先の功績を主張したもの。正史にもれた同氏の古伝承を編集。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の古語拾遺の言及

【斎部広成】より

…生没年不詳。後に《古語拾遺》とよばれる1巻の上表文を平城天皇に提出した807年(大同2),〈齢,既に八十を逾(こ)ゆ〉とみずから書いているので,720年代後半の生れとみられる。位は翌年に従五位下。…

【氏文】より

…これらが《新撰姓氏録》の基礎となったが,氏文もその一つである。平安時代に提出された《高橋氏文》は,伝統的な氏である膳(かしわで)氏が高橋朝臣と改姓されてから,安曇(あずみ)氏に対する自己の氏の由来をまとめたもので,《古語拾遺》も,斎部(いんべ)氏が中臣(なかとみ)氏に対して,みずからの立場を主張した氏文と考えてよい。ほかに《丹生祝氏文(にうはふりうじぶみ)》なども残っている。…

【神道】より

…《古事記》や《日本書紀》の神話は,たしかに神道的な諸観念をよくあらわしているが,神々の祭りに際して,記紀の神話が教典として読誦されるようなことはなかった。《古語拾遺》や《風土記》も教典とされ,中世では《先代旧事本紀》も重んぜられた。しかし,それらは古典に対する知識を持つ神官の間で尊重されただけで,庶民が記紀の神話を教典として読んだわけではない。…

※「古語拾遺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android