安目(読み)やすめ

精選版 日本国語大辞典の解説

やす‐め【安目】

〘名〙
① 丁半博打(ばくち)で、負けの賽(さい)の目がでること。また、その目。
洒落本・新吾左出放題盲牛(1781)折助冷飯「五三三一長々の安目に懸って丸裸」
② (形動) (「め」は接尾語) 安値気味なこと。安そうに見えること。価値が低いように見ること。また、そのさま。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一〇(1760)梅二「けいせひの安目(やスめ)にみんな引っ懸り」
③ 値段の安い物を買うこと。また、その人。安物買い。
※洒落本・多佳余宇辞(1780)「安目でも呼ばざア買人(かいて)の無へ面だ」
④ ひかえ目にすること。卑下すること。
人情本・梅之春(1838‐39)初「其様に安目をお言ひのが愛敬になって、猶惚手が出来るから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android