コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛敬 アイギョウ

デジタル大辞泉の解説

あい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【愛敬】

《仏語の「愛敬相」から。室町以降「あいきょう」とも》
親愛と尊敬の念をもつこと。人から愛され敬われること。あいけい。
「この女子(にょし)に、―、富を得しめ給へ」〈今昔・一六・八〉
顔つき・振る舞い・性格などが、優しく愛らしいこと。あいきょう。
「かたち、すがた、をかしげなり。―めでたし」〈宇治拾遺・一〇〉

あい‐けい【愛敬】

[名](スル)親しみ敬うこと。敬愛。「愛敬の念」
「秋田豊は大いに彼の久松菊雄を―して」〈菊亭香水・世路日記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

愛敬【あいぎょう】

江戸時代の儒学者中江藤樹(なかえとうじゅ)が人倫の根本原理とした〈孝〉の本質は愛であるとした。すなわち愛敬とは,すべての人に真心を持って親しみ,上を敬い下を侮らない心を持つことで,単に自分の親への孝養にとどまらない〈孝〉の本質だと説いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あいぎょう【愛敬】

〔中世後期以降「あいきょう」とも〕
愛し敬うこと。敬愛。あいけい。 「衆人-浅からずして万事心に叶ふべし/万民徳用」
容姿や物言いなどがかわいらしく魅力的なこと。 「わが顔にもうつりくるやうに-は匂ひちりて/源氏 野分
相手への優しい思いやりがあること。 「聞きにくからず、-ありて/徒然 1
夫婦の結びつき。夫妻の和合。 「げに、-のはじめは日えりして聞し召すべき事にこそ/源氏
なまめかしさ。媚こび。媚態びたい。 「その縄手には-こぼすな/田植草紙」

あいけい【愛敬】

( 名 ) スル
心から敬うこと。敬愛。 「余は其の詩人を-するなり/欺かざるの記 独歩」 → あいぎょう(愛敬)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛敬の関連キーワード三日の餅・三日の餠金井由輔(3代)カンティンフラス膨らか・脹らかりょうりょうじ大山 デブ子県立昭和高校五十嵐波間藻地蔵の十福愛に愛持つ斜めならず御間・御相棚橋絢子近藤浩斎ほたほた愛敬元吉ぽってり振り撒く漫ろはしつんつん

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛敬の関連情報